アオリイカ4匹 磯釣り

釣り方…….アジの泳がせ釣り。
         生きたアジの口に針を掛けその下にアオリイカ針をぶら下げる。
         イカは海底すれすれに居るのでそれより1〜2m上を泳がせるように浮きで
         調節する。
         5m位の柔らかい竿で10〜20m程投げて後は待つだけ。
         電気浮きを付けた夜釣りが一般的だ。
         イカがアジに抱きつくと重みで浮きが50cmほど沈んで止る。そのままで2分
         ほど待つて、 アワセを入れゆっくりと引いて来てタモ(網)ですくう。
         所が今回の超大型は、別だった。朝7時頃、通常通り10mほど遠くへ投げた浮き
         が、岸へ岸へと寄ってくる。
         変だなと思っていたら足下で浮きが一気に沈みそのまま
         20m走って止った。こんな釣り方は初めてだった。充分時間をおいて竿を
         シャクルとと掛った。
         しかし簡単には寄ってこない。大型だ。今回は身体が震えない。
         充分時間を掛け弱った所を取込み成功。
         何と重さは2.3s 最高。 前回の1.8sをしのいだ。 

          

 大型アオリイカの胴体

   胴長   40cm

   重さ   2.3kg
 アオリイカの目
 ブルーのアイシャドウが何とも言えない美しい。
  触手
  このイボイボの手で生きたアジをつかまえるのだ。
 触手の全長 ( 40cm )
 ねらいを付けて2本の触手が矢のように飛んで
、生きたアジを捕獲する。
 イカの口
   ニワトリの玉子ぐらいの大きさ。
   トンビのようなくちばしでガブリとやられれば
   アジの頭に丸い大きな穴が開くのは当然だ。

イカの食道
8本の足 2本の手の根元に口があり、ガリガリとかみ砕かれ 細長い食道を通り、胃袋に納まる。透明な胃袋の中には、食べたばかりのアジの身と骨が 小豆ぐらいの大きさでふくらんでいた。

 (主人のコメントがやっと取れました。ホームページ
 にア ップするのが 遅くなりました。(*^_^*)

                         2002年5月
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO